トップ > 活用シーンで選ぶ > 運動会

パパママ必見!
運動会向けカメラ・
レンズ特集 

2021 Spring

キヤノン編

最終更新 2021/02/20 

時代はミラーレス一眼へ
キヤノン フルサイズミラーレス EOS R6

EOS R6
キヤノン EOS R6

EOS R6 ここがポイント!
  • デュアルピクセルCMOS AF II搭載
    高速・高精度なAF
  • 秒間約12コマの連写性能
    連写できるからミスを減らせる!
  • 高精度な被写体認識能力
    人物の瞳・顔・頭部検出も可能!
  • EOS初のボディ内手ブレ補正機構搭載
    望遠レンズの手持ち撮影でもぶれにくい

EOS R6は、キヤノンが一眼レフカメラで培ってきたあらゆる技術(と、前シリーズ「EOS R/RP」に求められた技術)を詰め込んだミラーレス一眼の自信作。
最新の画像処理エンジンディープラーニングによる人物検出とオートフォーカスなどもGOODですが、待望のボディ内手ブレ補正機構が搭載されて、望遠レンズを構えたときの安心感が違います。強力な手ブレ補正は運動会撮影のお供として大変優秀です。

望遠撮影はファインダーを覗いてするのがベターですが、液晶モニターを見ながらのタッチシャッターやタッチフォーカスにも対応しています。レスポンスも速く直感的に操作ができるため、カメラが初めてでも恐れることはありません。
欠点はレンタル料金が高いことでしょうか…。

ちなみにキヤノンのミラーレスはフルサイズカメラしかありません(2021年2月時点)。
もっと安くミラーレスカメラを使いたいという方はEOS REOS RPといったやや安めのカメラもレンタルで取り扱いされています。画質はEOS R6とそん色ありません(オートフォーカスや連写はやや劣ります)。

広角から望遠まで1本でこなせる
RF24-240mm F4-6.3 IS USM

EOS R6にはレンズが付属しませんので別途レンタルが必須です。
ミラーレス用にも超望遠レンズがラインナップされていますが、運動会でベストなレンズとなると、光学10倍ズームで使いやすい撮影画角が魅力なRF24-240mm F4-6.3 IS USMでしょう。
EOS R6に装着した際のバランスは◎。

RF24-240mm F4-6.3 IS USM
RF24-240mm F4-6.3 IS USM

EOS R6 + RF24-240mm F4-6.3 IS USM 24mm EOS R6 + RF24-240mm F4-6.3 IS USM 24mm

EOS R6 + RF24-240mm F4-6.3 IS USM 240mm EOS R6 + RF24-240mm F4-6.3 IS USM 240mm


ミラーレスカメラのご紹介はここまで、ここからは従来のデジタル一眼レフカメラのご紹介です。

人気のKissシリーズも健在
キヤノン デジタル一眼レフ EOS Kiss X9i

EOS Kiss X9i
キヤノン EOS Kiss X9i

EOS Kiss X9i ここがポイント!
  • ユーザーフレンドリーなメニュー
    はじめての方でもガイドでかんたん操作
  • 秒間約6コマの連写性能
    連写できるからミスを減らせる!
  • タッチ操作対応のバリアングル液晶モニター
    価格が比較的安価

キヤノンのEOS Kissシリーズは利用者がたいへん多く、カメラに詳しくない方が勢いで選んでも「失敗した!」となることは、無いと言い切れるほどの、はじめてカメラに最適なシリーズです。
入門機のためカメラは購入し、望遠レンズだけレンタルする方も多いのではないでしょうか。

EOS Kiss X9iは、バリアングル液晶モニターと呼ばれるフリーアングルで動かせる液晶モニターを搭載。カメラを自由に構えて液晶画面にタッチすることで写真を撮れるので、直感的に悩まずに使えます

EOS Kiss X9iのバリアングル液晶モニター

本レンタル商品に標準付属するレンズ(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM)は性能もよく、幅広い撮影領域をカバーしますが、運動会には望遠側が足りないかもしれません。
次の項目で運動会向けのおすすめレンズをご紹介いたしますので、ご予算もあるかと思いますが追加でレンタルをおすすめします!
なおキヤノンはLレンズ(白レンズ)と冠するものが性能も良く高価なレンズとなっています。

望遠レンズを追加するなら70〜300mmがおすすめ

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMがおすすめです。
好評だったI型が2016年末にリニューアル!重量は約710gと軽量とは言えない重さですが、新開発の「ナノUSM」を搭載し、オートフォーカスの性能が大幅に向上しています。
画質も良く、個人的にかなりおすすめです。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

重くても大丈夫だから画質最優先!
という方は EF70-300mm F4-5.6L IS USM(白いレンズ)がおすすめ。
レンズのみで重量が1050gと1kg超となりヘビーですが、撮れる写真は非常に艶があるものに仕上がってくれます。
赤いリングも特徴的で、かっこいいですね。

EF70-300mm F4-5.6L IS USM
EF70-300mm F4-5.6L IS USM

なお、より広角側が必要な場合は「EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM」、望遠側が必要な場合は「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」というレンズもあります。
重さもレンタル料金も先ほどのレンズと比べてかなり上がりますので、ご予算のある方は是非ご検討ください。

ちなみに運動会シーズン時、キヤノンの望遠ズームレンズではEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMがダントツの一番人気です。オートフォーカスも手ぶれ補正の効きも抜群で、大きさと重さと値段を我慢できるなら最良の1本です。

焦点距離の違いと写り方

焦点距離の違うズームレンズを使い、実際に撮影した写真を掲載して、写り方の比較をしています。○○mmという数値にピンと来ない方は、是非こちらも参考にしてみてください!(別ウインドウが開きます)

運動会で使える 最新望遠ズームレンズはこれだ!

サードパーティ製交換レンズも活用しよう

APEXレンタルにも、シグマやタムロンといった「サードパーティ製」交換レンズが増えてきました。
これらのレンズは比較的割安だったり、メーカー純正の交換レンズにはないズーム域があったりと、その特性を理解すれば十分検討の余地があるものとなっています。

サードパーティ製交換レンズ

ただし下のギャラリーを見ていただければわかる通り、超望遠レンズのため大きさもかなりありますのでご注意ください。

サードパーティ製レンズ撮り比べレビュー

純正レンズと比較して選ぶべきポイントなど、気になるポイントを解説しました。焦点ごとの画質まわりもチェックできます!(別ウインドウが開きます)

廉価望遠ズームレンズの撮り比べレビュー

Canon Photo Gallery