カメラtoDVDサービスカメラtoDVDサービス

年に数回しか使わないのであればビデオカメラはレンタルをオススメいたします!

レンタルのメリットは、なんといっても最新機種をお手頃価格でご利用いただけること。
さらにレンタル館では、専任のスタッフがお貸し出し前に動作チェックを行っておりますので、ビデオカメラを使うのが初めての方や、女性の方、ご年配の方でも安心してご利用いただけます。
バッテリーは充電済みのものを2個、充電器やカメラバッグもセットでお貸し出し。借りてすぐに使えます。

  • フラッシュメモリービデオカメラ フラッシュメモリービデオカメラ
  • 小さくて軽い、現在主流のビデオカメラはこちら。フルHDはもちろん4K記録可能なモデルもございます。
  • HDDカメラ HDDカメラ
  • まだまだ使えるハードディスク内蔵ビデオカメラ。操作方法も現行機種と変わらずカンタン!
  • 4Kビデオカメラ 4Kビデオカメラ
  • これからは美しい4K映像の時代。かけがえのない思い出の撮影は、是非とも4Kビデオカメラで!

最新おすすめビデオカメラの選び方

  • ハイビジョンビデオカメラ(大型)
  • DVカメラ
  • アクションカム
  • その他ビデオカメラ
  • 記録メディア販売
  • アクセサリ
  • 収録機器(メモリーレコーダー)
  • マイク
  • 三脚
  • レンズ
  • マリンハウジング
  • 海外方式
  • お届け送料無料
    発送レンタル時
    (一部地域および商品を除く)
  • 最新おすすめビデオカメラの選び方
  • 赤外線サーモグラフィレンタルはこちら

ビデオカメラの選び方

結婚式、運動会、旅行でビデオカメラを使いたいけど、たくさんあってどれを選べばいいのかわからない…
そんな方のために「軽さ&大きさ」「値段」「画質」+「手ブレ補正」の4つのポイントで絞れる、2015年度対応のビデオカメラの選び方を作りました。ご紹介するビデオカメラはどれもおすすめですので、あなたの目的に合ったものをお選びいただいてOKです。
また、ビデオカメラレンタルで寄せられるFAQや、よく耳にする専門用語も解説いたしますので、合わせてどうぞ!
良くある質問&用語集

あなたが重視するのは?
タップして開閉

手ブレ補正

強力!空間光学手ブレ補正搭載

HDR-CX720V
HDR-CX720V

商品ページへ

HDR-CX630V
HDR-CX630V

詳しく見る

FDR-AX30
FDR-AX30
(4K対応)

詳しく見る

おすすめカメラピックアップ

空間光学手ブレ補正搭載
4Kハンディカム
FDR-AX30

近年発売されているビデオカメラはフラッシュメモリータイプが主流。レンタルでもこのタイプを選んでおけば満足のいく撮影が楽しめると思います。

FDR-AX30

さて、ここでご紹介するFDR-AX30は、流行の4K解像度での撮影ができて、強力な手ブレ補正も搭載しているおすすめカメラです。

また本体に映像が記録できるため、SDカードを別に用意しなくてもよいのもポイント。64GBの内蔵メモリーに4K映像が約2時間程度記録できます。

もちろん容量が無くなってきたら、お手持ちのSDカードを挿入し記録することもできます!
ただし品質の良いメーカー製のSDカードを使わないとエラーが出てしまうことがあるようです(ソニー製、サンディスク製推奨)。

AX30は別の特集で詳しく紹介しております。こちらもあわせてどうぞ。

1インチセンサー搭載
4Kハンディカム
FDR-AX100

美しい映像を撮るためには、「センサー(光の信号を画像の信号へ変換)」、「映像エンジン(信号を処理する頭脳)」、「レンズ」といったビデオカメラの性能が、特に重要な役割を担います。
AX100に使われているのはどれも特別なもので、一般的な家庭用ビデオカメラと比べて約4〜5倍ものサイズのセンサーを搭載しているのが大きな特長。これにより精細でノイズが少なく、美しいボケ味を楽しめる映像が生まれるわけです。

FDR-AX100

AX100はカメラ自体がやや大きめですし、動きの速いものは苦手で、高画質なため撮影のテクニックも多少必要となるため、万人向けでは無いと思います。それでも何よりも画質を重視される方や、息をのむよう高精細な映像を撮ってみたい方は、是非チャレンジして頂きたいと思います。

ちなみに、もちろん手ブレ補正機構は搭載されていますが、画質が良い分、補正しきれないブレが映像に大きく現れてしまいます。可能ならガッチリした三脚を使って撮影をしましょう

また4K撮影には高性能なSDカードが必須です。カメラと一緒にレンタルいただくか、お客様でご用意ください。

最後に、残念な点をご紹介。 これはAX100だけの問題ではないのですが、2015年12月現在、せっかく4Kで撮影しても、その映像をBlu-rayに収録する規格がまだありません。

4Kはビデオカメラから映像出力するのが基本の楽しみ方ですが、レンタルカメラのためご返却いただかないといけません。後で見るための方法はいくつかありますが、詳しくはソニー公式ページをご確認ください。4Kの活用方法

空間光学手ブレ補正搭載
HDR-CX630V

CX630Vは、なじみのあるフルハイビジョン(フルHD)対応のビデオカメラ。
強力な手ブレ補正「空間光学手ブレ補正」が搭載された、どなたにもおすすめできるカメラです。

HDR-CX630V

手持ちでの撮影や移動しながらの撮影では、映像 が大きく揺らいでしまうことが多く、とても難しいシチュエーションと言えます。
その映像をテレビで再生して見ていると、画面の揺れで気分が悪くなってしまう方もいます。これではせっかく撮った映像も台無しです。

それを防ぐために、この空間光学手ブレ補正が搭載されたビデオカメラを是非使ってみてください。
バツグンの効力を発揮しますが、その補正効果は言葉で説明するよりも実際の動画を見て頂くのが一番わかりやすいと思います。以下の動画はスタッフが作成したものになりますので、是非ご覧になってください。
空間光学手ブレ補正効果の検証(Youtube)

小型軽量なので女性にオススメ!

CX630Vと重さ比較

長時間、手持ちで撮影する場合は、軽くて小さい方が疲れにくいのは明白です。ビデオカメラは片手で持つようになっているため、重いと手首に負担がきます。
このHDR-CX630Vは500mlペットボトルと同じくらいの重さ(約500g)になります(標準バッテリーを付けた状態)。重さの感じ方は人それぞれですが、比較できるような画像を作ってみました。

オススメのFDR-AX30と比べると、コンデジ1個分くらいの差が、一般的なデジタル一眼レフとは倍程度の差があることがわかります。高性能なビデオカメラの中では軽量な部類なのではないでしょうか?
ちなみに大容量のバッテリーを付けた場合は+100g程度増えます。

500gの重さを感じるには、500mlのペットボトル飲料を持ってみましょう。さらにCX630VとAC30の差は、お手持ちのスマートフォンが大体同じくらいの重さだと思いますので、イメージできると思います。

まとめ

いかがでしたか?
たくさんのビデオカメラが登場しましたが、実際のところどれも基本的な操作方法は同じで、誰でもカンタンにきれいな映像が撮れてしまうものなのです。それくらい技術の進歩はすごくて、最近のビデオカメラは優れているのです。

とはいえ、カメラを使ったことがない方が不安なのもわかります。
精密機器だから壊してしまうかも・・・?と考えずに、色々触ってみてください。簡単に初期化できます。
試しに映像を撮ってみてください。テープじゃないので何度でも撮影できます。
ビデオカメラは乱暴に扱わなければそう簡単には壊れたりしませんし、触っていればすぐに「ああ、こんなにカンタンに撮れるんだ」と分かっていただけるかと思います。

もちろん触ってみて気になったことがあれば、レンタル館でも出来る範囲でサポートいたしますので、お気軽にレンタルサービスをご利用いただければと思います。

TOPへ