パパママ必見!
運動会向けカメラ特集 

2017 Autumn

キヤノンデジタル一眼レフ編

最終更新 2017/09/05

人気のKissシリーズがパワーアップ
キヤノン デジタル一眼レフ EOS Kiss X9i

EOS Kiss X9i
キヤノン EOS Kiss X9i

EOS Kiss X9i ここがポイント!
  • 最新映像エンジンDIGIC 7搭載
    かんたん&キレイ!
  • 秒間約6コマの連写性能
    連写できるからミスを減らせる!
  • タッチ操作対応のバリアングル液晶モニター
    さまざまなアングルから撮りやすい!

CMでもおなじみのEOS Kiss X9iは、はじめて一眼レフを使ってみたいという方におすすめできるカメラです。
何はともあれ、キヤノンのデジタル一眼レフカメラを選んでおけば、「失敗した!」となることは無いでしょう。それほど利用者が多く安心できるメーカーです。

バリアングル液晶モニターとはフリーアングルで動かせるを液晶モニターのことで、カメラを自由に構えることを可能にします。 さらに液晶画面にタッチすることでも写真を撮れるので、初心者の方も悩まずに使えてしまうのではないでしょうか。

また前機種のX8iと比較して、搭載映像エンジンが新型となり、ピントを合わせるための測距点が最大19点から中級機クラスの45点へとアップしたことで、高速かつ精度の高いオートフォーカスが期待できます。

本レンタル商品に標準付属するレンズ(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM)は性能もよく、幅広い撮影領域をカバーしますが、運動会には望遠側が足りません。次の項目で運動会向けのおすすめレンズをご紹介いたしますので、ご予算もあるかと思いますが追加でレンタルをおすすめします!
なおキヤノンはLレンズ(白レンズ)と冠するものが性能も良く高価なレンズとなっています。

望遠レンズを借りるならこれ
EF70-300mm F4-5.6L IS USM & EF70-300mm F4-5.6 IS USM

EF70-300mm F4-5.6L IS USM(白いレンズ)は、 X9i装着時35mm判換算で約112-480mm相当(1.6倍になります)の撮影画角になる望遠ズームレンズ。
レンズのみで重量が1050gと1kg超となり、お値段もかなり高価なレンズです。ですが撮れる写真は非常に艶があるものに仕上がってくれます。
赤いリングも特徴的で、かっこいいですね。

EF70-300mm F4-5.6L IS USM
EF70-300mm F4-5.6L IS USM

重いのはちょっと・・・と心配な方は、黒い方のレンズEF70-300mm F4-5.6 IS II USMがおすすめです。
好評だったI型が2016年末にリニューアル!重量は約710gとそれでも若干ヘビーですが、Lレンズよりは負担が抑えられそうです。
また新開発の「ナノUSM」を搭載しているため、オートフォーカスの性能が大幅に向上しています。300mmまでのレンズで良ければ、個人的にかなりおすすめです。

EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

なお、より広角側が必要な場合は「EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM」、望遠側が必要な場合は「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」というレンズもあります。
重さもレンタル料金も先ほどのレンズと比べてかなり上がりますので、ご予算のある方は是非ご検討ください。

ちなみに運動会シーズン時、キヤノンの望遠ズームレンズではEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMがダントツの一番人気です。オートフォーカスも手ぶれ補正の効きも抜群で、大きさと重さと値段を我慢できるなら最良の1本です。

焦点距離の違いと写り方

焦点距離の違うズームレンズを使い、実際に撮影した写真を掲載して、写り方の比較をしています。○○mmという数値にピンと来ない方は、是非こちらも参考にしてみてください!(別ウインドウが開きます)

運動会で使える 最新望遠ズームレンズはこれだ!

ボディをランクアップする場合はEOS 80Dがオススメ

EOS Kissシリーズは入門機ですので、小型軽量を重視しています。そのためボタン類が上位機種より少なくなり、素早い操作がしづらい可能性があります。
それ以外にも、被写体を捉えるスピード、正確さは上位機種が優れます。また連射枚数もそうです。これは上位機種はバッファ(一次記憶装置いわゆるメモリー)が多かったり、処理速度が速かったりするためです。

EOS 80D
EOS 80D

とは言っても、X9iは最新型となりますので、オートフォーカスに関してはそこまで差はないでしょう。
操作性に関してもX9iはタッチ操作ができますので、初めての方には逆にとっつきやすく優れている部分になると思います。
ただし、手の大きい人はX9iは小さく持ちづらいため、特に大きなレンズを使う場合は80Dにしたほうが疲れにくいかもしれません。

まとめると、ファインダーで覗いてカメラをがっつり握って操作して写真を撮りたい方は80D、それ以外の方はX9iを選ぶのが、とりあえずのところ最良かな、と思います。

Canon Photo Gallery

EOS Kiss X9i + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
EOS Kiss X9i + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
EOS Kiss X9i + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 18mmフード付
EOS Kiss X9i + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 70mmフード付
EOS Kiss X9i + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 300mmフード付
EOS Kiss X9i + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 300mmフード付
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM 18mmフード付
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM 70mmフード付
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM 300mmフード付
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM 300mmフード付
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM 300mmフード無
EOS Kiss X8i + EF70-300mm F4-5.6L IS USM 300mmフード無
EOS 80D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 100mmフード無
EOS 80D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 100mmフード無
EOS 80D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 400mmフード付
EOS 80D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 400mmフード付
EOS 80D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 100mmフード無
EOS 80D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 100mmフード無
  • 詳細1
  • 詳細2
  • 詳細3
  • 詳細5
  • 詳細6
  • 詳細7
  • 詳細8
  • 詳細9
  • 詳細10
  • 詳細11

このページのトップへ

このページのトップへ

TOPへ