エプソン EB-X12

結婚式・パーティ、会議などにオススメ
明るさ2800ルーメン

エプソン EB-X12 2800ルーメンプロジェクター

明るい部屋
80インチまで

暗い部屋
150インチまで

EB-X12は明るさ2800ルーメンのプロジェクターです。
ビデオデッキ、DVDプレイヤー、Windowsパソコンなどを接続し、部屋を薄暗くすれば100インチ程度なら問題なくご利用いただける、大変に使い勝手の良い機種です。
レンタル館では、多くのレンタル会社が中堅機種としてラインナップしているEB-X12を、他社の格安料金に負けない価格でレンタル中です。

最安機種ですが、基本性能は上位機種そのままで、便利な「スライド式ヨコ台形補正機能」も搭載しています。
どなたにもオススメのレンタル館イチオシプロジェクター「EB-X12」。 機種選びに迷ったら、まずこちらをご検討下さい。

EB-X12のポイント
・明るさ2800ルーメン
・充実した基本性能
魅力的なレンタル料金
主な仕様
明るさ:2800ルーメン
リアル対応:XGA
重さ:2.3kg
消費電力:234W
ミニD-Sub15pin
RCA
S端子
HDMI
USBディスプレイ
スピーカー:2W
スライド式ヨコ台形補正機能

スライド式ヨコ台形補正機能とは?

スクリーンの斜めから投写すると、映像は台形に歪んで映ります。 これは映像サイズがプロジェクターからの距離によって変わることから当たり前のことです。

こんなときは「スライド式ヨコ台形補正機能」の出番。
この機能を使えば、プロジェクターに備わったレバーを左右に操作するだけで、かんたんに映像を四角形に補正できます

プロジェクターは本来ならばスクリーン正面から投写すべきですが、どうしても投写位置が斜めになってしまう場合もあります。
そんなときスライド式ヨコ台形補正機能を使えば、誰でもかんたんに映像のゆがみを補正できるので、あると非常に便利な機能と言えますね。

レバーを動かすだけで、かんたんにゆがみを補正

便利な機能ですが、角度が大きすぎる場合はゆがみを補正しきれません。機種により補正可能角度は異なりますが、最大でも約30度とお考えください。
また補正を行うと画面が若干小さくなります。

補正可能な角度は最大で約30度

このページのトップへ

このページのトップへ

このページのトップへ

TOPへ