手のひらサイズで大きく映せる 短焦点小型プロジェクター PJ WXC1110

短焦点小型プロジェクター PJ WXC1110とは

今回ご紹介するリコー PJ WXC1110は、下の写真のように手のひらの載ってしまうほどの小型プロジェクターです。重さもわずか約0.45kg。本体だけなら500mlペットボトルより軽量です。持ち運びも苦になりません。
我が家のように狭くてテレビも置けないけど大画面でゲームがしたい!
そんなニーズに応えられる商品なのではないか、と考えたことがこの記事を書こうとしたきっかけです。

女性の手にすっぽり収まるこのサイズ。いやはやすごい技術ですね。
おもちゃのような見た目ですが、かといって安っぽいというわけでもなく、プロジェクターに必要な機能がぎゅっと凝縮されたような趣です。
でもこんなに小さいなら性能もいまいちなのでは、と心配になってきますね。
ご安心ください。
さすがに通常サイズのプロジェクターと比較すると見劣りしますが、600ルーメン、40000:1の高コントラストで、見た目からは想像できないほどのパワーがあります。部屋を暗くできれば十分な輝度でしょう。

小型短焦点プロジェクター RICOH PJ WXC1110

そして無駄に豊富な映像入力端子たち。なんとスピーカーも内蔵しています。これはおまけ程度の性能ですから安っぽい音ではありますが、試用した環境(6畳程度の室内)ですと十分すぎる音量を誇っていました。
USBメモリーやmicroSDカード内の映像データも使えますし、なによりフルサイズのHDMIがあるのも高ポイントですね。※Computer Inというのは付属のケーブルでVGA(mini D-sub15pin)端子に変換できます。

設定項目も豊富で、明るさやコントラストはもちろん、色温度も3種から選択できます。自動、手動台形補正もついています。
もちろん上下左右反転投映も可能。設置も柔軟に行えます。

ということで、以下実際に使ってみたようすを激写しましたのでごらんください。

起動して何も考えずに撮った1枚。部屋の電気を消すと想像した以上の綺麗さで驚きました。
起動して何も考えずに撮った1枚。部屋の電気を消すと想像した以上の綺麗さで驚きました。
投映状況はこのような感じです。壁からの距離は1m弱程度。
投映状況はこのような感じです。壁からの距離は1m弱程度。
横1メートル(サイズ60インチ)くらいで映せていると思います。
なおあまり上にかち上げて投映できないため、高さを稼ぐために部屋にあった加湿器の上に乗せています。
電気がついた状態だとこのような感じです。
電気がついた状態だとこのような感じです。
更に壁側に近づいて使用すると若干は改善されますが、なかなか厳しいものがあると思います。
なお左下に写っているのは“すのこ”です。

まとめ

投映している壁が若干凸凹しているのでよく見るとそれがわかりますが、この投映距離でこの明るさと投映サイズです。多少の妥協で活用できるシーンは多々あるのではないでしょうか。
また動いている映像もそこまで残像が気になるものではありませんでした(感じ方は個人差はあります)。プロジェクター特有の動作音(ファン音)も小さいため、ゲーム用途でも問題ないと思います。

ちなみにフォーカスが働く範囲は0.86〜1.72mで、対応する投映サイズは50〜100インチとなります。この範囲を超えて投映しようとすると、範囲を超えるに連れて徐々にピントが合わなくなっていきます。
テキストなどを読ませる内容なら、対応範囲を超えた運用は避けるべきでしょう。

レンタルのお申込みは以下の画像からページへジャンプできます。
社内の小柄な女性に持っていただきました。

※補足
本気で映像の質もこだわるなら以下の特集でも紹介している「RICOH PJ WX4152N」がおすすめです。比較的小型ながら超短焦点レンズを採用しているため、壁に隣接した状態で50インチ程度もの大画面で投映できます。

このページのトップへ

TOPへ