Shark Sliderのご紹介

今月はレンタル館に登場したばかりのShark Sliderを使ってみたレポートです。
Shark Sliderはよくあるスライダーレールではありません。ポールをジョイントして延長し、スライド幅を長くすることができるというスグレモノなのです。


三脚に乗せてみました。通常はこの長さです。


自由雲台を取り付ける前はこんな感じです。そのままカメラを取り付けることもできます。水準器が2箇所にあるので、水平に調整しやすいと思います。


ウエイト部を回転させることでスムーズにスライドさせることができます。

レールを延長してみよう

では早速延長してみましょう。慣れれば超かんたんにセッティングできますので、以下参考にしてみてください。


1.レンタルお引渡し時はこんな感じです。


2.まずはバラします。写真のレバーを回転させるとかんたんにロックが解除されますので、両端の4つを解除し、引き抜きます。


このように分解できます。


3.付属の拡張レールと長いベルトを用意して、スライダーの拡張をしてみましょう。


4.ベルトはギザギザのある方を内側にして、くるくる回すような感じで上手く歯車に合わせます。歯車にもギザギザがあるので、それに合わせます。


5.ベルトの終端はベース部底のピンチにはさみます。ここにもギザギザがあるので合わせます。


6.もう一方も同様に回して・・・


ピンチで固定して完了です。この際、弛ませて遊びがあると上手くスライドできないため、きつめにはさみます。


7.最後に両端に三脚をセットしてみたようすです。なかなかの迫力と安定感です。

まとめ

工夫次第でいろいろ使えそうな「Shark Slider スライダーレール」、動画撮影のお供にいかがでしょうか?
通常のビデオカメラだと全く問題なさそうですが、重いレンズをつけた一眼レフだと多少操作も難しそうですので、十分注意して撮影に臨んでください!
なお延長時の耐荷重は約5kgとなります!

Shark Slider スライダーレールのレンタルは以下のリンクからどうぞ

このページのトップへ

このページのトップへ

TOPへ