ついに来た!巨大なiPad

かねてから発売の噂が絶えなかった「大型のiPad」。
昨年11月、満を持して「iPad Pro」が登場し、パソコンレンタル館でレンタルの取り扱いもスタートしたのは、まだ記憶に新しいところです。

人気すぎて依然として手に入れにくい状態が続いているスタイラスペン「Apple Pencil」と、カバーやスタンドとしても使える「Smart Keyboard」も、合わせてご利用いただけるレンタルサービスを展開中です。

12.9インチという、もはやタブレット端末の大きさを超え、ノートパソコンサイズのディスプレイになっているiPad Pro。手にしてまず感じたことは、
「でかい」
「発色が良すぎてまぶしい」
「重いけど重すぎることはない」
でした。
手元にあったiPod touchと並べて写真を撮りましたが、この差はすごいですよね。

iPad Proはカタログスペックは申し分の無い性能で良い商品だと思いますが、実際に使ってみることで感じたことを、レポートしたいと思います。

Apple Pencilは鉛筆のように扱えるか

Apple Pencilについての詳しい説明は割愛しますが、Surface Pro 3と違い電池が不要なので軽く、かなり細長いのが特長です。すぐ折れてしまいそうな脆さは気になりますが、持った感じはまるで鉛筆のよう。
肝心の書き心地ですが、紙に書いたのと同じように感じられるのでしょうか?

結論から言うとそんなことはありませんでした。
「タイムラグは実質ゼロ。」とAppleは謳っていますが、わずかに遅延はあります。
書き心地に関しては慣れの問題かもしれませんが、残念ながら紙に書いているとは言いがたく、筆者にとってはほど遠いものでした。
具体的には画面がつるつるしていて、さらにはペン先も硬いので、ガラス面に硬いステッキを「カツカツ」とぶつけてる感じがしました。
もちろん普段から液晶タブレットを使っている方はまた違った感想だと思います。

さて、いくつかドローアプリも試してみたところ、最初からインストールされている「メモ」アプリが一番遅延が無く、すらすらと描きやすかったという結論が出ました。やはり純正と言うことで上手くチューニングされているのでしょうか?

その他、有名どころでは「AdobeのPhotoshop Sketch」や「Illustrator Draw」もなかなか良い感じでしたが、「メモ」よりは多少動作が重いかな?と感じました。

筆圧の調整はしやすいか?

どのアプリも「傾き」による線の太さ(濃淡)は操作させやすかったのですが、「筆圧」による線の太さは操作しづらく、段階的な太さが表現しにくく感じました。筆圧は各アプリで調整項目をいじってみたのですが…これはiPad ProやApple Pencilの筆圧レベルが甘いというよりは、ソフトウェアの問題のような気がします。
アプリのバージョンが上がっていけば改善するかも知れません。期待して待ちましょう。

充電中は要注意!

Apple Pencilはなかなか洗練されたデザインですが、油断するとボキッと行きそうなので、充電しているときは特に注意したいところ。充電中はiPad Proの方も大きく破損してしまう可能性がありますので、挿したまま移動するなんてもってのほか。絶対に止めましょう!

Apple Pencilを挿すとiPad Pro上でバッテリー状態がわかって便利でした。

Retinaディスプレイ スキ無し

12.9インチRetinaディスプレイはまさに圧倒的な美しさ。粗が見当たりません。
最適化されたウェブサイトや写真、映像などは、Appleが言うように「息を飲むような」繊細な描写で、私たちに新鮮な体験を提供してくれることでしょう。

何度も言いますが、ものすごくキレイです。さすがRetina!すごい。
間違いなく、iPad Proは新聞やマンガといった電子書籍を見たり、映像を楽しむのにうってつけなデバイスでしょう。

画面が大きく鮮明で、何冊も本を持ち歩くよりは断然かさばらない。
拡大した文字を見てください。ドット感がほとんどありません。感動すら覚えるレベルです。

ただしずっと手で持って見るのは重量、大きさ的にキツイでしょう。スタンドや膝の上などに置いて使うことになるかと思います。 逆にiPad Proを立ちながら片手で持って使うシチュエーションは想像できません。
電車内で使いたいと考えている人がいるかもしれませんが、座席を確保できるならともかく、ちょっと考え直して欲しい、そう思ってしまう大きさです。

画面の映り込みはどうか

iPadはグレア液晶パネルですから、映り込みも気になるところ。
画面を見ているときにふと自分の顔が映っているのが見えてしまうと、少なからず萎えてしまいますよね。
結果はほとんど映り込みを感じられずに快適でした。強い光(蛍光灯)は映り込むので見づらくなりましたが、普通のウェブページを閲覧するくらいなら顔は映り込んでいませんでした。
Retinaは本当にすごいですね。

ビジネス用途としてはどうか

クリエイターがメイン機材として使えるか

クリエイターの方で、PC(ノートパソコン)を使う替わりにiPad Proを、と考えている方は要注意!
iPad Proはちょっとしたノートパソコンを凌駕するスペックがあり、何でも出来てしまうような可能性も秘めていますが、搭載OS(iOS)は、WindowsやMacOSとは異なるため、PCで使っているソフトウェアが使えません。
似たようなアプリがあったとしても、PCと同等なことが同様に出来るか?と考えると、キーボードやスタイラスを駆使しても難しいと思うのです。

つまりクリエイティブな商業的生産がメインで使いたいと考える方が、道具に振り回されること無くスキルを発揮できるなら「iPad Proは大いに有り」となるわけですが、そんな方はわざわざiPad Proでやらなくても良いわけです(もちろんiPad Proでやっても良いわけですが)。

なんだかんだでマウスとキーボードって偉大なのでは?と思います。

非クリエイティブはどうか

一般的なビジネス用途で使う場合は、そのアイディアと、やっぱりアプリの存在が重要だと思われます。が、単純に画面の大きさを買って展示会などで画面を見せて説明をしたり、写真やビデオを見て欲しいと言ったときは、大変有用だと思います。
ちなみにSmart Keyboardは縦置きが出来ないため、縦に据え置いて使いたい場合は別のスタンドを用意したいところです。

まとめ

今回の記事を書くにあたってしばらくiPad Proを触りましたが、特に難しいことを考えない場合は、iPad Proはビジネス用途というよりは、エンターテイメントを楽しむデバイスだと思いました。
筆者は普段から作品を生み出しているわけではないので、使い方や想像力が乏しかったからかも知れませんが、各所で言われているとおり、iPad Proは明確な使用目的が無いと「単なる大きなiPad」に成り下がってしまうのです。

iPad Proはどんな人が向いているか

まずはiPadやiPhoneを使っている方には向いているでしょう。
普通に使う分には結局のところ大きなiPadなわけですから、iPhoneのように直感的に操作できるので迷うこともありません。
またアプリが流用できるのもポイント。普段からApple製品を使っているなら、色々と捗るのではないでしょうか。

さらには(言い方は悪いかも知れませんが)「おもちゃ」として使う方。
Retinaディスプレイと迫力を生み出す4スピーカーは、12.9インチの大画面と相乗効果を発揮して、ゲーム、ビデオ、音楽といった娯楽をより魅力的に描いてくれます。これさえあれば、場所を取るテレビや据え置きスピーカーは不要と思えるかもしれません。

また絵をちょっと描きたいと思う方にも良いと思います。
絵心の無い筆者も何か描いてみたい!と思わせる不思議な魅力が、Apple Pencilにはあります。もちろん無駄にメモ書きもしたくなりました。
iPad Proの魅力を最大限に引き出すには、Apple Pencilは必須なのではないでしょうか。

使い方は無限大。工夫次第でクリエイティビティなあなたを刺激して、これまで無かったようなアイディアを生み出してくれる…かもしれないiPad Pro。
そんな力を秘めたiPad Proはパソコンレンタル館で好評レンタル中です!

気になっている方も多数いらっしゃると思います。購入を悩んでいる方は是非、Apple Pencilもいっしょにレンタルして使ってみてください!使ってみたいアプリなどは先に調べて賢くレンタルを利用しましょう。

iPad Proのレンタルはこちらから(別ページが開きます)

このページのトップへ

このページのトップへ

このページのトップへ