文字サイズ変更文字サイズを小さく文字サイズを標準に文字サイズを大きく

4K対応機材のご紹介

最近よく耳にする「4K」。4Kとは4000×2000ドット前後の解像度のことを指し、1000をK(キロ)と表すところから、横の画素数が4000であるため、「4K」と言われています。
レンタル館にも4K対応の機材がそろってきましたので、今月は4Kで撮影できるビデオカメラや4Kテレビなど、2014年7月時点でレンタル可能な機材を紹介したいと思います。

SONY 液晶テレビ ブラビア
KD-55X9200A(55インチ)

大きなサイドスピーカーが話題となった4Kブラビアのフラッグシップモデル。

超解像エンジン「4K X-Reality PRO」、LEDバックライトシステム「トリルミナスディスプレイ」といったソニーの技術で、高精細な画質を描き出します。

また、4KではないフルHDの映像を入力した場合も、4K解像度へアップスケーリングされ、同様に美しい画質で映し出します。

KD-55X9200A

SONY 液晶テレビ ブラビア
KD-55X8500A(55インチ)

KD-55X9200Aの大きなサイドスピーカーは臨場感あふれる音を提供しますが、その分横幅が長くなり、設置場所の自由度が下がります。
その場合には、スピーカーが本体下部に設置されたKD-55X8500Aがオススメです。

2Wayバスレフ型スピーカーと、背面のアシストウーファーを組み合わせた2.1chサウンドシステムで、KD-55X8500A同様の豊かなサウンドを再現します。

KD-55X8500A

レンタル館では4Kブラビア対応のモニタースタンドもご用意しております。展示会などでのご利用に、セットでいかがでしょうか?別途料金とはなりますが、面倒な設置・撤収作業も承れます。お気軽にご相談ください。

テレビ放送やBlu-rayはまだ一部のコンテンツが4K画質に対応しているのみ、といった状況ですので、テレビもフルHDタイプのままで良い、急いで4Kにする必要は無い、とお考えの方が多いかもしれません。ですが、4Kには今までの解像度とは大きく違うと、使うことで分かって頂けると思いますので、是非レンタルで体感してみて下さい。
4Kテレビやモニタースタンドのレンタルはモニターカテゴリーからどうぞ
テレビ・モニターレンタル

ソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー
FDR-AX100(記録メディア:SDカード/メモリースティック)

ソニー ハンディカムシリーズのフラッグシップモデル。

ハンディタイプのビデオカメラながら4K画質で撮影できるとして、発売より話題になっているモデルです。
近年の小型化が進むビデオカメラと比べるとちょっと大柄になっていますが、画質・音質・機能・操作性など、あらゆる面で妥協せず作り込まれた感があり、ソニーも自信を持って世に送り出したと思われる、大変魅力的なハンディカムとなっています。

1つ残念なところは、手ブレ補正が、より補正力の高い「空間光学式」ではない点。通常の手ブレ補正機構でも効果は高いのですが、構造的に搭載が難しかったのでしょうか…非常に惜しいと思います。

FDR-AX100
FDR-AX100

  • DMC-GH4H
  • DMC-GH4H
  • DMC-GH4H
  • DMC-GH4H
  • DMC-GH4H

4K対応と言っても、基本的な構成はこれまでのハンディカムと同じなため、操作にもすぐ慣れて使いやすいと思います。レンズ部のリングは、フォーカスまたはズームを設定でき、下側のダイヤルにはアイリスやシャッタースピードといった機能を割り当て、マニュアル操作も可能です。
音声入力にはマイク入力端子、そしてマルチインターフェースシューにガンマイクやワイヤレスマイクを取り付けて利用できます。
レンタルはこちらからどうぞ!
ハンディカム FDR-AX100 レンタル

パナソニック デジタル一眼カメラ
LUMIX DMC-GH4H(記録メディア:SDカード)

パナソニック ルミックスシリーズのハイエンドミラーレス一眼。

こちらも大きな話題を呼び起こし、とても人気ある機種です。レンタル館ではいち早くレンタルサービスを開始!レンズキットモデルとボディのみの2種を取り扱い中で、どちらも好評です。

また一眼カメラのため、4K動画を撮らなくてもスチールカメラとしても性能が高く、静止画撮影にもオススメできる、マイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラです。キット付属のレンズではなく、別途ハイクオリティな交換レンズを使えば、高精細な画像にきっと満足いただけると思われます。

もちろん、そのハイクオリティな交換レンズも扱っていますので、是非合わせてのレンタルをご検討下さい。
(画像はクリックで拡大できます)

DMC-GH4H
DMC-GH4H

  • DMC-GH4H
  • DMC-GH4H
  • DMC-GH4H

マイク入力端子、リモート端子、バリアングルモニター、タッチ操作対応、内蔵ストロボといった機能が満載。
ダイヤルも豊富で、非常に使いやすい一眼カメラです。
レンタルはこちらからどうぞ!
LUMIX DMC-GH4H レンタル

AX100、GH4といったカメラの登場で、映像のプロフェッショナルではなくアマチュアの方でも、ちょっと奮発すれば、4Kという圧倒的な画質で思い出を残せる!というすごい時代になりました。再生や編集環境はまだまだ発展途中ですが、データを保管しておけば、今後の環境進化できっと恩恵があると思います。
手が届くと言ってもハイレベルな機材のため、買うと高価なカメラですが、レンタルサービスを利用すればさらに手軽に体験できますので、4Kに興味のある方は、まずはこれらのカメラをレンタルしてみてはいかがでしょうか!

プロフェッショナル用途には…

ソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー
FDR-AX1(記録メディア:XQDメモリーカード)

よりハイエンドなビデオカメラとして、少し大型なFDR-AX1もございます。こちらはAX1と違い、4K60p撮影が可能。さらに同じ30p/24pでも、高ビットレートで記録できるようになっています。

FDR-AX1

NEX-FS700用外部収録レコーダー
HXR-IFR5+AXS-R5(4K/2K RAW記録対応)

さらにこちらはNEX-FS700と接続して、非圧縮4Kを収録できる外部レコーダーです。ビデオカメラと合わせるとレンタル館の中でもかなり高額な商品となりますが、テレビ局様や映像制作会社様等にご利用頂いております。

FDR-AX1

あなたも4Kの魅力を体験しませんか?

AX100&GH4
身近になりつつある4Kの世界。見るのも撮るのもまだまだ黎明期と言えるかもしれませんが、着々と、1歩ずつその時代が訪れようとしています。
ほんの数年後には当たり前のように撮影できて、テレビからも放送されているかもしれない美しい4Kの映像。大切な記念日や、かけがえのない瞬間を、今から残しておきませんか?
購入は難しい方でも必要なときだけレンタルを利用すれば、比較的経済的に利用できると思いますので、興味のある方はお気軽にどうぞ。
実際に使ってみたら気に入ってしまい、結局ご自身で4Kカメラを購入してしまうかもしれませんが、それはそれでご了承下さい。

前回の特集「新しくラインナップに加わった高輝度プロジェクター3機種のご紹介」

▲このページのトップへ