文字サイズ変更文字サイズを小さく文字サイズを標準に文字サイズを大きく

秋の夜長に映像配信はいかが?
LiveShell & PocketWiFi
映像配信ガイド

LiveShell(ライブシェル)は、パソコンを使用せずに映像配信できる配信機器です。インターネット回線と映像を撮れる機器があれば、どこでもかんたんに使えるのが特長です。

配信中はスマートフォンやタブレット端末からテロップが打てたり、操作することができますので、使いやすさもGOOD!もちろんパソコンからの操作も可能です。

しかし、初期設定にはパソコンが必要です。専用ウェブアプリのアカウント取得などの下準備もあります。
今回は、LiveShellと通信機器のPocket WiFiを使い、この下準備の作業をかんたんに解説、まとめてみました。

パソコンで初期設定を作成する

まずは下準備です。
LiveShellはPCレスでライブ配信が可能な機器ですが、そのために事前に初期設定が必要です。通信のための情報などをパソコンからインプットさせましょう。
パソコンで作成した設定情報をケーブルを介してLiveShellへ転送させる一連の流れをご紹介します。
(なお、こちらの作業はスマートフォンからも可能です)

まずは「ダッシュボード」へログインします。
今回はLiveShellのアカウントでログインしていますが、アカウントがない方は他サービスのアカウントからログインもできます。
ダッシュボード

使用する機器を選びます。
LiveShell PROはハイビジョン画質の配信にも対応しますが、今回は無線による通信を使用するため、安定かつ高速な通信速度が見込めません。
データ量の少ないスタンダード画質の配信によるテストを行うため、通常のLiveShellを使います。

映像配信をするサービスを選択します。今回はUSTREAMを選びます。

ちなみにニコニコ生放送を利用する場合は、
・プレミアム会員登録(有料)
・コミュニティに登録、または作成
が必要となるため、特にこだわりが無ければUSTREAM利用がかんたんです。

USTREAMのアカウントをお持ちでない方は取得しましょう(無料)。

取得したアカウントでUSTREAMにログイン後、カーソルを人のアイコン上に持っていくと表示されるメニューから、ダッシュボードをクリックし・・・

チャンネル設定のチャンネルの新規作成をクリック。

チャンネル名は任意に設定できます。
・チャンネル名
・カテゴリー
・サブカテゴリー
の3つが必須の設定項目です。
以上でUSTREAM上での設定は完了です。

USTREAMで設定したチャンネルを使って、 LiveShellの「ダッシュボード」から配信する、といったながれです。
LiveShellのダッシュボードへ戻り、作成したチャンネル名を選択しましょう。

続けて無線LANの情報を入力します。
PocketWiFiを使用する場合は、ステルスモードにチェックを入れ、暗号化方式にWPA/WPA2を選びます。
ネットワーク名やパスワードは文字が多くて間違いやすいため、慎重に入力しましょう。

パソコン上での設定は以上で完了です。
引き続き、設定した情報をLiveShellへ転送します。
LiveShell前面にある左上の電源ボタンを5秒間押し続けて電源を入れ、パソコンとケーブルを接続し、パソコンの音量を最大にして、再生ボタンを押しましょう。

LiveShellとPocket WiFiを繋ぐ

続いてLiveShellとPocketWiFiを無線で繋ぎます。矢印の先にある本体のUSB端子に、無線LANアダプタを装着します。

Pocket WiFiの電源を入れます。
左下から「WiFi」、「WPA/WPA2」、数字の「0」が表示されていることを確認して下さい。

Live Shellが起動していれば、自動的にPocket WiFiの電波を検出します。

パソコンで設定した情報を元に、Pocket WiFiへ接続しています。

接続が成功すると、右下の数字が「1」に変わります。これはPocket WiFiへ接続している機器が1台、という意味です。

続いてDashboardと同期します。

設定したUSTREAMのチャンネルへ接続します。

scan?と表示されたら準備完了です。
この段階になれば、HDMIなどでビデオカメラ等接続すれば配信が始まります。なお、配信は自動的に開始されるため初回時は注意が必要です。

最後に

以上で映像配信は行えますが、設定がうまくいってもまれに配信が行えない場合もあります。公式が用意しているマニュアル、ならびにトラブルシューティングが充実しておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。
◆LiveShell オンラインマニュアル (日本語版) https://sites.google.com/a/cerevo.com/ub1/

今回使用した機材のレンタルは下記からどうぞ!
Live Shell (ライブシェル)
PocketWiFi LTE GL06P

先月の特集「お安くなったEB-X12プロジェクターレンタル」

▲このページのトップへ