パパママ必見!
運動会向けカメラ特集

運動会ならこれがベストチョイス
ビデオカメラ&一眼レフ

運動会といえば、ビデオカメラやデジカメの出番。
我が子の活躍をキレイに残したいと考え、これを機に購入という選択肢もありますが、カメラはモデルチェンジが激しく、購入時期も悩ましいところ。
予算的に購入が難しかったり、常に最新モデルを使いたいとお考えのあなたには、レンタルが便利です。

今回は数あるレンタル商品の中から、実際に運動会でご利用いただいているビデオカメラ、デジタル一眼レフ&レンズをご紹介するとともに、2015年はポピュラーになってきた4K対応カメラもご紹介したいと思います。

メニュー


  • キヤノンデジタル一眼レフ編
    人気のKissシリーズからEOS Kiss X8iをご紹介。はじめての一眼レフでも使いやすく高画質。さらにレンタル館ではキヤノン純正の交換レンズを多数取り扱っていますので、一眼カメラをとりあえず使ってみたい!という方におすすめです。

  • ニコンデジタル一眼レフ編
    ニコン派のあなたにはD5200をご紹介。ニコンのデジタル一眼レフカメラでは珍しい「バリアングル液晶モニター」が搭載されたD5000シリーズで、アクティブなフィールドでも撮影方法を選びません。もちろんニコン純正の交換レンズも充実しています。

  • パナソニックデジタル一眼カメラ編
    4K動画から静止画を切り出せる「4K PHOTO(4Kフォト)」が運動会でも大活躍のGH4は、ミラーレスならではの小型望遠レンズとセットがおすすめ。他社の一眼レフカメラにはない、小型軽量さも魅力の一眼カメラです。

  • ソニーハンディカム(ビデオカメラ)編
    ビデオカメラと言えばソニー。4K撮影も可能なビデオカメラFDR-AX30を中心に、ソニーのハンディカムシリーズから、手ブレを強力に補正する「空間光学手ブレ補正」が搭載された機種をご紹介。運動会用ビデオカメラはこれを選べば間違いなし。

コラム&アドバイス

運動会におすすめの交換レンズは?

なんといっても、運動会撮影には望遠レンズが必須です。人気は焦点距離が300〜400mmの超望遠レンズで、レンタルでも予約がすぐ埋まってしまいます。

「どうしてそんなに望遠が必要なの?」と思われるかも知れません。
ですが、広い運動場では遠く離れた被写体(お子さん)を撮影することが多くなると思います。そのような状況では、200mm程度のレンズを使っても写真のまんなかにちょっと写る感じでしか撮れません。
カメラをお持ちの方は実際に遠くの被写体を撮影してみるとイメージしやすいと思います。

ここで70-300mmのレンズを使い、広角時と望遠時の被写体の見え方(写り方)の違いを見比べて見ましょう。次の写真は身長155cmほどの銅像を7メートルほど離れて撮影したものです。

70mm(35mm判換算で約105mm相当)で撮影

300mm(35mm判換算で約450mm相当)で撮影

1枚目が70mm(35mm判換算で約105mm相当)、2枚目が300mm(35mm判換算で約450mm相当)で撮影。
300mmでようやくこの大きさで撮影できました。子どもに置き換えてみると、体が大きめに収まる程度でしょうか。
この結果から、バストアップで撮りたい場合は、より被写体に近づくか、よりズームできるレンズを使わなくてはならず、カメラ購入時に付属するレンズでは基本的に無理、ということがお分かりいただけると思います。また、顔のアップ撮影となるとそれ以上に条件が難しいものになります。

レンズのmm数と被写体の写り方のお話、ちょっと難しかったかも知れませんが、「被写体を大きく撮影するには、望遠にそこそこ強い(mm数が大きい)レンズが必要だ」ということだけ覚えておけばバッチリです。

このページのトップへ

このページのトップへ

TOPへ